ダイエットコラム 筋力トレーニングについて 筋肉増量について

あなたの体型はどのタイプ??体型別の鍛え方やダイエットについて。

投稿日:2020年1月3日 更新日:

パーソナルトレーニング姿勢

人は、それぞれ骨格が違い、それぞれに合ったエクササイズ方法があります。

パーソナルトレーニング姿勢

 

体型分類は【X型】【A型】【I型】【V型】と主に4つなので、自分がどれに近いかを考え、体型にあった筋力トレーニングやストレッチを考えていきましょう。

 

 

X型

ウエストに対して、骨盤とデコルテの幅が両方広いタイプ。

パーソナルトレーニング評価

 

【長所】

・胸回り、お尻周りにボリュームが出やすい。

・メリハリのあるボディラインになる。

・女性らしいグラマラスなシルエットになりやすい。

・くびれが出やすい。

パーソナルトレーニング評価

(グラマラスでセクシーになりやすいが、筋肉質に見えやすくなる)

 

【短所】

・脂肪が付くと全体的に丸っこくなる。

・過剰に筋肉を付けると、ガッチリした体型になる。

・華奢な見た目にするのが難しい。

・ヒップが大きく、脚が太くなりやすい。

・腹筋運動の方法次第でくびれがなくなる。

パーソナルトレーニング評価

(横から見た時の綺麗な曲線はXタイプの特徴のひとつ)

 

【トレーニング方法】

・骨盤、デコルテに対してのくびれを活かす為、ウェストを絞るような腹筋運動をする。

・過度な筋トレで胸回り、ヒップ周りを大きくしすぎない。

・ヒップが横に広がらないように整える。

・デコルテの広さを活かす為、背中と胸のトレーニングのバランスに気をつける。

 

 

芸能人でいうと、深田恭子・藤原紀香・ローラですね。

女性らしいシルエットになりやすい反面、脂肪がついたり、鍛えすぎるとがっちりしてしまうのが難しいところ!

 

 

A型

骨盤が広いが、骨盤に対してデコルテの幅が狭いタイプ。

パーソナルトレーニング評価

 

【長所】

・骨盤に対してのくびれは、太っても維持されやすい。

・ウェストからヒップのラインは、グラマラスなシルエットになりやすい。

・上半身ががっちりしすぎない、また脂肪がつきにくい。

・逆三角形のような、男性体型にならない。

パーソナルトレーニング評価

(写真のように骨盤の形状によっては、骨盤に対してのくびれがかなり出る)

 

【短所】

・お尻が大きくなりやすく、下半身太りになりやすい。

・下半身痩せに限界がある。

・デコルテのボリュームが出にくい。

・姿勢不良でデコルテが貧相になる。

・下半身のむくみやセルライトが出やすい。

パーソナルトレーニング評価

(デコルテに対してのくびれが出にくい。肋骨が開いてしまうとウェスト上部が閉まってこない)

 

【トレーニング方法】

・背中と胸の筋トレをバランスよく鍛え、良い姿勢を保つ。

・胸周りのトレーニングでデコルテのボリュームを出す。

・ウェスト上部のくびれを作る。

・下半身は闇雲に筋トレしすぎない。

・ヒップが横に広がらないよう整える。

・栄養や筋トレで下半身のむくみが出ないようにする。

 

 

X型と同じくらい女性に多いタイプです。

下半身に脂肪がつきやすく、くびれは太っても姿勢不良になってもくびれてます。

上半身のボリュームアップと下半身太りの予防がポイント。

芸能人でいうと、新垣結衣・菜々緒・篠田麻里子ですね。

 

 

 

I型

骨盤の幅、デコルテ周りの幅が、両方とも狭いタイプ

パーソナルトレーニング評価

 

【長所】

・華奢でスレンダーに見える。

・太っても丸っこくなりにくい。

・程よい曲線やシルエットになる。

・がっちりした男性体型や筋肉質になりすぎない。

・小さいく閉まったヒップを作りやすい。

(腹筋の鍛え方、脂肪のつき方によって、くびれのない寸胴体型になりやすい)

 

【短所】

・くびれがはっきり出ない。

・メリハリのあるグラマラスな体型を作るのは限界がある。

・脂肪が付くと寸胴体型になりやすい。

・痩せすぎる不健康な印象になる。

・ウェスト、ヒップのボリュームが出にくい。

 

【トレーニング方法】

・ヒップ、胸周りの筋トレをしっかり行い、ボリュームを出す。(場合によっては体重を増やす)

・筋肉と体脂肪を適度に保ち、女性らしいシルエットを維持する。

・お腹周りを引き締め、くびれを出す。

・寸胴または男性体型にならないよう、程よい曲線を保つように意識して筋肉を付ける。

 

 

女性には、少ないタイプです。

脂肪がつくとお腹を中心に丸みが出ます。くびれははっきり出にくいので筋トレで骨盤まわり、胸郭周りのボリュームアップで綺麗なシルエットを目指すのがポイント。

イメージとしては、桐谷美玲が近い体型ですが、実際はほぼA型でした。

 

 

 

V型

骨盤の幅が狭く、骨盤に対してデコルテの幅が広いタイプ。

パーソナルトレーニング評価

 

【長所】

・ヒップ、下半身が引き締まりスレンダーになりやすい。

・デコルテのラインが綺麗に出る。

・デコルテに対してのくびれは出やすい。

・下半身太りしにくい。

パーソナルトレーニング評価

(上半身を鍛えすぎると、男性のような逆三角形になる可能性が高い。また綺麗なくびれが出にくい)

 

【短所】

・上半身や顎に脂肪が付く。

・逆三角形の男性体型になりやすい。

・ヒップのボリュームが出にくい。

・綺麗なくびれを作りにくい。

 

 

【トレーニング方法】

・胸、肩周りの筋肉を過剰に付けすぎない。

・ヒップの筋トレしっかり行いボリュームを出す。

・くびれを作る腹筋運動を行う。

・上半身の体脂肪をコントロール。

 

 

女性には少なく、男性に多いVタイプ。

逆三角形になるので上半身より下半身をしっかり鍛えボリュームアップを目指します。お腹周り上半身に脂肪が付きやすので体脂肪のコントロールが重要。

 

 

 

それぞれの特徴を活かすことが重要。

パーソナルトレーニング評価

 

骨格は、人それぞれ違い、理想の体型があっても現実として難しい場合があります。

 

ですが、それぞれに良さがあり、それがその人の魅力になります。

 

コンプレックスが強みや武器になり、その人の魅力になると考えています。

 

闇雲にトレーニングや生活改善をするのではなく、特徴を活かし、自分だけの魅力を引き出すようなエクササイズやライフスタイルを見つけていきましょう。

 

自分と向き合い、自分を知り、自分らしい身体づくりをして、少しでも自分に自信が持てるようになってくれたらと思います。

-ダイエットコラム, 筋力トレーニングについて, 筋肉増量について
-, , ,

Copyright© パーソナルトレーニングスタジオmoi , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.